本文へスキップ

信頼性試験RELIABILITY TESTS

AZTECH RELIABILITY TESTS


あらゆる使用環境に応じた信頼性試験設備

開発した製品が実際の使用環境で正常に動作するか耐久性やデータの正確性を検査する。
そこまで手がけて、初めて製品のデザイン品質が保証できるとアズテックは考えています。
部品の検査から計量管理まで、幾重にも厳重なチェック体制で臨み、常に高品質な製品を提供する、
そこには長年培ってきたモノ作りメーカーとしての品質管理のノウハウが活かされています。

また、耐候性試験、恒湿恒温試験、燃焼性試験、塩水噴霧試験の代行を承っております。
詳しくは、弊社までお問い合わせ下さいませ。
※試験の内容に寄っては、お引き受け出来ない場合が御座いますが、予め御了承願います。

 耐候性試験機
  耐候性とは、自然環境の内、主として日光、雨雪、温度、
湿度による劣化の抵抗性を指します。
耐候性試験機では、自然環境(屋外暴露)に近似し、
且つ、促進できる状態で、製品の光沢や色合い、
機械的性質の変化などを調べることができます。

また再現性のある試験が一年を通じて行えるので、
屋外実験に比べて短時間で同じ結果を得る事が出来ます。
尚、温度は63℃と83℃から選定でき、降雨時間も調整可能です。

 恒温恒湿低温槽
  温度湿度を一定にする試験槽です。
一定温度状態を再現でき、各温度下での物性の変化を試験できます。
時間毎の温度変化をプログラム可、ヒートサイクル試験も行えます。

−10℃や逆に80℃といった過酷な環境で製品が使用された場合に、
材質は変化しないか、強度に問題はないか、迅速に正確に試験します。

尚、温度は−30度から120度、湿度は20%から95%まで設定可能です。

 燃焼性試験機
  燃焼性試験機で材料が燃える速度を測定することにより、
製品の燃えやすい燃えにくいを判断する事ができます。
接炎時間をタイマーによって自動制御できますので、
着火の条件に個人差が出ません。

アメリカの自動車安全基準(FMVSS No.302)や
SAE、ISOJIS等の規格にあった試験を行います。

 塩水噴霧試験機
  表面処理部品の耐食性能を検査する試験機です。

塩水噴霧試験:中性塩化ナトリュウム溶液
(塩水5%、pH6.5〜7.2)を用いて行う連続噴霧試験。


試験層内法:1200×800×500



バナースペース

株式会社アズテック

〒252-1125
神奈川県綾瀬市吉岡東2-4-38

TEL 0467-79-0639
FAX 0467-79-0641

MobileMap
当WEBサイトを正しく表示するには、
プラグインが必要です。
また当WEBサイトをご利用になる際は、
以下のご利用規約より規定をお読み下さい